本文へスキップ
室蘭聾学校とは 教育活動 教育相談 お知らせ 問い合わせ・アクセス リンク
行事(教育活動の今) 最終更新日 2018年3月5日

2017年2月23日 「小低太鼓発表」
小学部低学年の太鼓の発表を行いました。自立活動の時間を使って練習に取り組んできました。見に来ていただいた方々に練習をしてきた成果を披露することができました。
   

2017年2月1日 「全校スキー学習」
幼稚部から中学部までの全校幼児児童生徒で、サンライバスキー場に行ってきました。天候に恵まれ、風もなく最高のスキー日和でした。滑走回数を重ねるたびにどんどん上達していきました。
   

2017年1月30日 「豆まき」
今年も室蘭聾学校に赤鬼がやってきました。鬼の迫力に圧倒されながらも、「おにはそと!ふくはうち!」と豆をまきました。最後は、「イヤイヤをしない」「わがままを言わない」と約束して鬼と握手をすることができました。
   


2017年12月19日 「クリスマス会」
幼稚部で行われたクリスマス会。みんなで歌をうたったり、ゆうぎをおどったり、親子でボウリングゲームをしたりしました。みんなでクリスマスケーキを食べて楽しいひとときを過ごしました。
   

2017年12月6日 「ものづくり体験学習」
小学部高学年が「室蘭工業大学もの作り基盤センター」へ行き、ものづくり体験をしました。「鋳造」の技術を使って、自分の居住地のカントリーサインを作りました。ものづくりの面白さや楽しさを学ぶことができました。
   

2017年11月30 「もちつき」
幼稚部で、毎年恒例のもちつきがありました。幼稚部の3人が中心となって餅をこねたりしました。あんこもち、きなこもち、みたらしもちといろいろ作って食べました。自分で作ったおもちは柔らかくておいしかったです。
 
 

2017年11月29日 「見学学習」
小学部6年生が、日産自動車室蘭店に見学に行きました。自動車販売や整備工場について様々なことを学ぶことができました。学校に戻ってきてからも、学んだことを楽しそうに話す様子が見られました。今回の体験は大きな収穫になったようです。日産株式会社室蘭店の皆様、お世話になりました。
   

2017年11月16日 「職場体験学習」
中学部の生徒が、室蘭工業大学生協食堂、室蘭工業大学生協パレット、ほくと保育園、花のながはらで職場体験をしました。あいさつや態度に気をつけながら、一生懸命に取り組むことができました。御協力いただきました機関の皆様、職場体験の受け入れ、どうもありがとうございました。
  

2017年11月10日 「水ろうフェスティバル」
今年度も水元小学校との「水ろうフェスティバル」に参加してきました。本校からは、魚釣りゲームのお店「北海道まぐろ祭(店名)」を出店しました。たくさんの人が遊びに来てくれて大盛況でした。また、水元小学校の店もまわって、交流を深めることができました。
   

2017年11月2日 「第2回 家庭教育学級」
北海道教育庁学校教育局特別支援教育課主査の宇野宏之祐氏をお招きし、「社会で求められる力を育むために」をテーマに講演をしていただきました。急激な社会情勢の変化に適応できる子供を育てるために、聴覚障がいのある子供に、今どのような力を身につけさせるかを学ぶことができました。参加者からは、「とても貴重なお話でした。」「学校と家族とで協力して子供の教育に向き合っていきたい。」といった声が聞かれました。
 

2017年10月26日 「学校見学会」
本校の教育活動について、多くの方々に知っていただく機会として、学校見学会を開催しました。「聾学校の教育について」の説明、授業参観、施設見学等を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
  

2017年10月22日 「学習発表会」
幼稚部、小学部、中学部の幼児児童生徒が、「はじける笑顔!最高のステージで!」のテーマを胸に最高の演技を披露しました。来校された方々から、「子供たちの成長を感じた」という声を多くいただき、励みになりました。来校して下さった皆様、本当にありがとうございました。
     

2017年9月29日 「東明祭」
中学部の生徒が東明中学校祭に参加し、太鼓を披露しました。緊張する局面もありましたが、日々練習を重ねてきた成果を十分に発揮することができました。また、同級生が制作した作品展や劇を鑑賞するなど、充実した時間を過ごすことができました。
   

2017年9月8日 「北海道聾学校体育大会」
9月7日〜8日の2日間、北海道聾学校体育大会が行われました。本校からは小学部高学年から中学部までの児童生徒8名が参加しました。7日は、交歓会が行われ、他校と一緒にレクリエーションをして楽しんだり、名刺を交換したりして交流を深めました。8日は、天候に恵まれ、陸上競技が行われました。全員がベストを尽くし、表彰台に上がることができました。
   

2017年7月20日 「室ろっ子祭り」
生徒会役員が中心となって企画した「室ろっ子祭り」です。幼児児童生徒が集まり、紅白に分かれてゲーム「たたいて・かぶって・じゃんけんぽん」で一人ずつ対戦しました。真剣勝負でしたが、笑いがあったり、会場が盛り上がりました。
   

2017年7月11日 「室工大理科教室」
室蘭工業大学の学生さんに色々と教えていただきながら、一緒に「光るペーパークラフト」の製作にチャレンジしました。不思議なペンで道を繋げていくと信号が点灯したり、街がLEDの光に包まれたりという体験でした。子供たちは、不思議な感覚をもちながら、製作活動を楽しんでいました。例年、大変好評の活動です。室蘭工業大学の皆さん、本当にありがとうございました。
   

2017年7月7日 中学部「修学旅行」
7月5日〜7日の3日間、中学部3年生は修学旅行で青森県に新幹線で行ってきました。「三内丸山遺跡」や「弘前城」を近くで見学したり、「ねぶた」の製作を経験したりするなど、歴史や伝統、先端技術の素晴らしさを肌で感じることができました。
   

2017年6月30日 中学部「宿泊研修」
中学部1・2年生の3名で留寿都(ルスツ)方面へ行ってきました。アミューズメントパークで乗り物を体験したり、レザーワークの活動でキーホルダーを作ったりしてきました。また、時間やマナーを守り、お金の取り扱いについても意識して活動することができました。
   

2017年6月30日 小学部「プール学習」
6月9日と30日の2回、入江運動公園温水プールに行きました。ウォーキングからバタ足などを中心に練習しました。目標に向かってしっかり練習に取り組んでいました。
   

2017年6月29日 幼稚部「プール遊び」
6月22日と29日の2回、入江運動公園温水プールに行きました。フープをくぐったり、浮き輪を使って移動したりして、たくさん遊ぶことができました。水に揺られてとても気持ちよさそうでした。
   

2017年6月23日 小学部「修学旅行」
6月22日〜23日の2日間、小学部5・6年生の3名が修学旅行に行きました。事前に施設についてインターネット等を使って調べました。札幌市青少年科学館や札幌市民防災センター、白い恋人パークなどに行って、見学をしたり貴重な経験をすることができました。
   

2017年6月20日 「防犯教室」
防犯教室では、警察の方に来ていただき、不審者に遭遇した時の行動について教えていただきました。また、実際にロールプレイを行い、「ついていかない」「乗らない」「大声を出す」「すぐに逃げる」「知らせる」という約束を確認しました。
   

2017年6月16日 「第1回 家庭教育学級」
本校の有江謙吾教諭が、「乳幼児相談室から中学部までのコミュニケーション」について講演を行いました。手話通訳士でもあり、各関係機関とのネットワークをもち、乳相から中学部までの指導経験を踏まえた貴重なお話をしていただきました。参加者からは、「来て良かった。」「育児について相談に乗ってほしい。」といった声が聞かれました。
  

2017年6月3日 「運動会」
全校の幼児児童生徒が徒競走や遊戯等の種目で、練習の成果を十分に発揮しました。天候の関係で今年度は体育館での開催となりましたが、天候に負けない活躍を見せてくれました。来校された皆様にも、競技への参加や多くの御声援をいただく等の御協力をいただき、ありがとうございました。
   

2017年5月17日 小学部「遠足」
小学部では、学校の近くの停留所からバスに乗る低学年グループと、学校から駅までを徒歩で向かう高学年グループに分かれて出発しました。水族館では、色々な海の生き物と触れ合ったり、美味しいお弁当を食べました。
  

2017年5月16日 幼稚部「遠足」
室蘭水族館に行ってきました。天気は少し不安でしたが、海の生き物に興味津々でした。ペンギンを近くで見るなど、普段できない体験に大満足の様子でした。
  

2017年5月12日 「交通安全教室」
交通安全指導員の方々から、正しい横断歩道の渡り方や自転車の乗り方を教えていただきました。教えていただいたことを守りながら、安全に気をつけましょう。
  

2017年5月10日 「児童生徒会総会」
小学部高学年から中学部までの児童生徒会役員が中心となって進めました。緊張した様子もありましたが、滞ることなく任務を果たすことができました。これから、よりよい室蘭聾学校をつくっていきましょう。
  

2017年4月27日 中学部 「歓迎会」 
新たに1人の仲間が中学部に加わりました。新しい学習や体験したことのない活動がありますが、切磋琢磨しながら新たなステップへ進んでください。
   

2017年4月21日 小学部 「進級を祝う会」 
新しい学年になって、戸惑いや緊張があるかもしれませんが、手と手を取り合い友達と楽しい学校生活を送ってほしいと思います。
   

2017年4月20日 幼稚部 「かんげい会」 
2人のお友達が幼稚部に入学しました。ドキドキわくわくの学校生活。たくさんの経験を積んでほしいと思います。
   

2017年4月10日「平成29年度入学式・始業式・着任式」
今年度は、幼稚部2名、中学部1名の新入生が入学しました。新しい学校生活への期待と希望で、目がキラキラと輝いていました。新しい環境で、それぞれが一層成長できることを願っています。
   
 
乳幼児療育事業と教育相談 最終更新日 2016年4月16日
乳幼児療育事業→こちらもご覧ください
○教育相談を行い、医療、福祉、療育等の関係機関と連携を図り、地域のセンター的な役割を果たしていきます。
○個々の乳幼児の発達に応じた、心身の望ましい発達を促し、早期から聴覚の活用を図ります。
○多様なコミュニケーション手段(日本手話、手話付スピーチ、聴覚口話法等)の情報提供を行います。
○保護者に対し、障がいの理解を促し主体的に子育てができるような適切な援助や具体的な支援を行います。
ひとりひとりのお子さんのすこやかな発達と自立を願って、保護者の相談に応じ、指導助言を行っています。

教育相談→こちらもご覧ください
○聴覚に障がいのある保育所・幼稚園の在籍児や小・中学生等の相談を行います。
○パートナーティーチャー派遣事業など、依頼に応じて、各学校などに伺い、必要な支援を行います。
・聴力の測定をして聞こえのようすを確かめたり、言葉の育て方について支援を行います。
・補聴器の調整や使い方についての相談も行っています。
各部のカリキュラム 最終更新日 2014年6月16日

リズムで遊ぼう


保育園交流

幼稚部 

○幼稚部の教育課程は、幼稚園教育要領に準じています。
○指導に当たっては、幼児の障がいの状態等に十分配慮します。
○自立活動においては、個別の指導計画を作成し、心身の調和的発達の基盤をつちかうことを目標に指導しています。

【目 標】

 学校教育目標  幼稚部教育目標
 明るい子供  ・生きたことばを身につける。
 強い子供 ・丈夫な体を作り、健康で安全な生活ができる。 
 考える子供 ・自分で行動する意欲と力を身につける。


【幼稚部教育課程】

・健康  ・人間関係  ・環境  ・表現  ・ことば  ・自立活動

日課表は、こちらをご覧ください。

お楽しみ集会


プール学習
(入り江プール)


水元小交流観劇会


水ろうフェスティバル

小学部 

○小学部の教育課程は小学校学習指導要領に準じています。
○小学部は少人数のよさを生かし、個別的指導や複式授業・合同授業など、多様な授業形態に取り組んでいます。
○自立活動においては、個別の指導計画を作成し、心身の調和的発達の基盤をつちかうことを目標に指導しています。
○重複障がい学級においては、いわゆる「領域・教科を合わせた授業」も行っています。


【目 標】

 学校教育目標  小学部教育目標
 明るい子供  ・言語活動を充実し、豊かな心情の育成に努める。
 強い子供 ・望ましい生活習慣を身につけさせ、心身の調和的な発達に努める。
 考える子供 ・わかる喜びを味わわせ、自ら学ぶ意欲をはぐくみ、学力の向上に努める。


【小学部教育課程】

・各教科(国語、社会、生活、算数、理科、音楽、図画工作、体育、家庭)

・道徳 ・特別活動 ・総合的な学習の時間  ・外国語活動 ・自立活動

各学年の時間配当、日課表については、こちらをご覧ください。
 
バドミントン春季大会


中間試験


ALTによる英語の授業

中学部 
○中学部の教育課程は中学校学習指導要領に準じています。
○中学部は少人数のよさを生かした指導に取り組んでいます。
○自立活動においては、個別の指導計画を作成し、心身の調和的発達の基盤をつちかうことを目標に指導しています。

 学校教育目標  中学部教育目標
 明るい子供  ・積極的に言語を豊かにし、自ら学ぶ姿勢を身につけた生徒を育てる。
 強い子供 ・心身を共に鍛え、健康の増進を図るとともに、精神的にも強く豊かに安全な生活をしようとする実践的な態度・習慣を持った生徒を育てる。
 考える子供 ・自他の立場を理解し行動できる心を育てるとともに、社会生活に積極的に参加する自主・自立の態度を持った生徒を育てる。


【中学部教育課程】

・各教科(国語、社会、数学、理科、英語、音楽、美術、保健体育、技術家庭)

・道徳  ・特別活動  ・総合的な学習の時間 ・自立活動
 各学年の時間配当、日課表については、こちらをご覧ください。

ゴミ拾い


夏のお楽しみ会


本の読み聞かせ

 

寄宿舎 
○希望がある場合には、寄宿舎に入ることができます。
○集団生活を通して、自立心を養うとともに、豊かな暮らし方を学習しながら生活します。
○家庭的な雰囲気のもと、みんな仲良く生活しています。

 学校教育目標  寄宿舎教育目標
 明るい子供  ・礼儀正しく明るい態度で、決まりを守れる素直で優しい子どもを育てる。
 強い子供 ・健康な体を持ち、全力を尽くして、粘り強く物事をやり抜いたり、思いやりを持って、仲良く助け合って生活できる子どもを育てる。
 考える子供 ・寄宿舎の生活を通して、多様な考え方や見方などを進んで学ぶ子どもを育てる。


 入舎生の構成や日課表については、こちらをご覧ください。

↑このページのトップへ
ページメニュー

◎行事(教育活動の今)


過去の行事
2017年度

◎乳幼児療育事業と教育相談

◎各部のカリキュラム


 ■幼稚部

 ■小学部

 ■中学部

 ■寄宿舎

更新情報
◎行事(教育活動の今)
◎各種おたより
  • 学校だより
  • 給食だより
  • 保健だより
聞こえとことばの相談窓口
(問い合わせ・アクセス)
 
資料室
  • 学校行事年間計画
  • 学校評価等